IB (国際バカロレア)スクール特集

ニュージーランド各地 -

ニュージーランド 高校留学 ニュージーランド各地IB (国際バカロレア)スクール特集

「世界を舞台に活躍できる人づくり」、日本の産業界でも「課題解決型」のグローバル人材が緊急に求められています。このような人材育成において日本でも国際バカロレア(以下IB)を推奨していますが、ニュージーランドでもIB教育を受けることができる学校が20校以上あります。 ※国際バカロレア(IB)とは 1968年に設立されたスイスに本拠地を置く非営利財団国際バカロレア機構が提供する教育プログラムを言います。外交官の子弟など世界中のインター校に通う子女が他の国に移動後も継続的に学習でき、特定の国の教育政策に偏らない大学進学用の国際統一カリキュラムとして開発されました。3歳から19歳までの児童生徒を対象に、初等教育プログラム「IBPYP」、中等教育プログラム「IBMYP」、大学入学前のディプロマプログラム「IBDP」、キャリア関連教育プログラム「IBCP」の4種類があります。中でも、国際バカロレア・ディプロマプログラム(IBDP)は1960年代に開始され40年以上の長い歴史を持ちます。 PYP (Primary Year Programme) :Pre-School ~ 12歳 に履修する初等教育のカリキュラム MYP (Middle Year Programme) :11歳~16歳で履修する中等教育のカリキュラム DP (Diploma Programme) :16歳~19歳で履修する大学進学準備過程のカリキュラム

カリキュラム
IB
留学生サポート

ニュージーランド 高校留学 ニュージーランド各地IB (国際バカロレア)スクール特集

ニュージーランド 高校留学 ニュージーランド各地IB (国際バカロレア)スクール特集

ニュージーランド 高校留学 ニュージーランド各地IB (国際バカロレア)スクール特集

学校詳細データ

オークランド

Diocesan School for Girls (私立女子校)

Year1~6の生徒はPrimary Years Programme(IBプログラム)に沿って学習します。2020年、DioはYear7からミドル・イヤー・プログラムの導入を開始しました。ミドル・イヤー・プログラムは、IB哲学を反映した包括的なフレームワークで構成されています。このプログラムを通して、生徒たちは好奇心を深め、自分の学習にオーナーシップを持ち、情熱を探求し、実社会とのつながりを持ち始めます。Diocesan School for Girlsは、ミドル・イヤー・プログラムの候補校です。本校は認可を受け、3プログラムのIBワールドスクールへとステータスを拡大しています。国際バカロレア機構から認可を受けた学校のみが、プライマリーイヤープログラム(PYP)、ミドルイヤープログラム(MYP)、ディプロマプログラム(DP)、キャリア関連プログラム(CP)の4つのアカデミックプログラムのいずれかを提供することができます。 候補者という立場は、認可が下りることを保証するものではありません。

当校が認可された場合、Year7~10の生徒はミドル・イヤー・プログラムを受講します。Year11では、NCEAレベル1を開始し、年度末までに資格を取得します。Year11では、Year12と13でNCEAのレベル2と3を継続するか、2年間のIBディプロマ・プログラムを開始するかを決定します。

69714615_2832940046735016_2297527978298441728_n.jpg195690911_4593105344051802_1407635422514421498_n.jpg


Kristin School (私立共学)

クリスティンは、オークランドのノースショアに位置し、1800人以上の生徒が在籍する、幼児から13年生までの男女共学の私立校です。

ニュージーランドで最初の国際バカロレア(IB)認定校で、1989年以来、上級生にIBディプロマ・プログラムまたはNCEAの選択を提供しています。(IB DiplomaはYear12から)国際的に大学入学資格として認められているIBディプロマを取得することで、クリスティンの卒業生は、オックスフォード、ケンブリッジ、ハーバード、スタンフォードなどの世界的に有名な大学に入学することができます。

卓越した学力と世界でもトップクラスの成績で定評のあるクリスティンは、2001年にジュニアスクールでIBプライマリー・イヤーズ・プログラム(PYP)を導入し、2002年には7~10年生を対象にIBミドル・イヤーズ・プログラム(MYP)を導入しました。

140カ国以上、約5000校のネットワークの一員として、クリスティンは質の高い国際教育へのコミットメントを共有し、IBスクールの世界的なコミュニティで積極的にサポートする役割を果たしています。

国際バカロレアは、継続的なカリキュラムと評価の開発、そして教師の専門性の向上に重点を置いています。そのため、クリスティンの教師は、世界中の教師と交流しながら、幅広いサポートと専門的な開発の機会を得ることができます。クリスティンの教師の多くが、IB試験官、モデレーター、ワークショップリーダーを務めているのは、彼らの献身的な努力と経験の賜物です。


ニュージーランド 高校留学 オークランド Kristin Schoolニュージーランド 高校留学 オークランド Kristin School
 

 Rangitoto College (公立共学)

2015年にIBスクールの加盟。Year12以上の学生はIB Diplomaの選択が可能です。
生徒は11年生でNCEAレベル1を履修し、主にMeritまたはExcellenceの成績(または海外での同等の資格)を取得した後、2年間の国際バカロレア・ディプロマ・プログラムへの参加が認められます。
国際バカロレア・ディプロマ・プログラムは、学習面での難しさと全体的なバランスを考慮して設計されています。生徒は選択した6科目に加えて、CAS(創造性、奉仕、活動)、Extended Essay(大学レベルの4,000ワードの小論文、指導者の指導を受けながら自分で研究する)、Theory of Knowledge(批判的思考法)からなるIB COREを履修します。

ニュージーランド 高校留学 オークランド Rangitoto Collegeニュージーランド 高校留学 オークランド Rangitoto College


Takapuna Grammar School (公立共学)
Year12から、IB Diplomaの選択が可能です。
IBディプロマプログラム1年目のターム2では、Year12(IB1)の生徒がIBキャンプに参加します。このキャンプでは、生徒と教師がクラス外での学習やプロジェクトベースの学習を行う機会があります。キャンプの期間中、生徒は以下のことを行います。

- CAS(Creativity, Activity and Service)の体験をする。
- クラスでの学習を拡張するための知識の理論(TOK)活動を行う。
- 科目に関連した活動に参加する。
- IBプログラムに関連した時間管理と自己管理戦略について話し合う。

IB世界学生会議は、世界中のIB学生が集まり、グローバルに活動することの意味を探り、体験し、より良く、より平和な世界を作るための責任ある行動を促すものです。Year12の生徒は、IBディプロマの1年目にIBSWCに招待されます。
会議のプログラムは、世界的に関心の高い魅力的なテーマを中心にデザインされています。生徒はアカデミックな環境の中で、会議のリーダーが提示する問題に対処するための創造的な方法を開発する一方で、小旅行やレクリエーション活動の時間も設けられています。これらの経験は、仲間との有意義な関係を築くことを促し、国際理解とリーダーシップスキルを育み、会議の週を越えて参加者に利益をもたらします。

ib conference_1.jpgTGS2.jpg

 

ケンブリッジエリア

St Peter's College (私立共学)

寮のある私立共学校。2008年にIB加盟。IB Dipolomaを提供しています。生徒はYear11まではNCEAを必須科目として学習し、Year12にIB Diplomaを取るか、NCEAを取るか選択が可能です。

履修学生の例:
芸術、スポーツ、学業に秀でたJamalはSt Peter'sの2020年のヘッドボーイです。彼はPrep Duxで、以下の賞を受賞しています。
ジュニアとシニアの文化勲章とスポーツ勲章。文化勲章とネクタイ、スカラーズネクタイ、アカデミック優等賞を受賞。Academic Honours Badgeを取得しました。

JamalがIBディプロマを選んだ理由:
「私がIBディプロマに魅力を感じたのは、コースの要件が、生徒を
国際的な視野を持った総合的な学習者に成長するように構成されているからです。志を同じくする仲間と一緒に、新しいチャレンジングな学習スタイルを取り入れるチャンスだと思いました。私にとって重要だったのは、高等教育を受けるための幅広い選択肢を持つことであり、国際バカロレア制度を利用すれば多様な科目を学ぶことができるからです。」

履修科目:生物学、化学、地理に加えて、数学、英語、スペイン語。

ニュージーランド 高校留学 ケンブリッジ St Peter's CollegeYGKHRDDENOB43DFUXBTAITJOQY.jpg

 

ウェリントン

Scots College  (私立共学校)

スコッツ・カレッジは、国際バカロレア(IB)のワールドスクールとして、IBのプライマリー・イヤー・プログラム、ミドル・イヤー・プログラム、シニアレベルのIBディプロマ・プログラムの実施を認可されています。
プライマリーイヤープログラムとミドルイヤープログラムは2008年にジュニアスクールとセカンダリースクールで導入され、IBディプロマは2010年にNCEAに代わる資格として12年生と13年生に導入されました。
プライマリー・イヤー・プログラム(PYP)は、1年生から6年生までを対象とし、全学年で実施されています。ミドル・イヤー・プログラム(MYP)は7年生から10年生までである。
IBディプロマは、NCEAに代わる2年間のコースで、12年生と13年生が対象です。Scotsでは、NCEAとIBのどちらかを選択できるデュアルパスウェイを提供しています。

IBプログラムの目的は、共通の人間性と地球の保護者としての自覚を持ち、より良い平和な世界の創造に貢献する国際的な視野を持った人間を育てることです。この学問的目的とカレッジの精神的基盤を結びつけることで、カレッジの中核的目的へのコミットメントがさらに強化されます。
2021_03_09_MT_00467.jpg2019_11_06_MT_0703.jpg

 

Queen Margaret College (私立女子校)

IB学習者の評価は、学業上の成功にとどまらない学習成果の集合体です。この評価は、知識、信念、開放的な心、思いやり、バランス、内省的な学習者を育成することを目的としています。学習者は、探究心、思考力、コミュニケーション能力、リスクテイカーとなるよう奨励されています。

指導と学習
IBモデルには、学生が同時に学習する6つのアカデミックな科目群があります。学生は科目群から選択した6科目を学びます。通常、3科目は上級レベル、残りの3科目は標準レベルで学習します。

コア要件
IBディプロマの理念の中心となる3つのコア要件、Theory of Knowledge (TOK), Creativity, Activity, Service (CAS), and the Extended Essay (EE) があります。

科目選択
Language and Literature/Language Acquisition/Individuals and Societies/Sciences/Mathematics/Arts


3.jpgIMG_1844.jpg

ページの上部へ